KU*RA*SU



2017 11 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
出産話 (ふたりめ)
5月8日 18:00
この日、朝から体調が悪く昼過ぎまでベットで過ごす。夕方から腹痛でトイレに行くこと多々。うーん・・・昨夜下剤を飲んだからかなぁ・・・と思ってみたり。


19:00
腹痛にしては頻繁すぎるな・・・と思うものの、娘の時とは違う痛みだし、やっぱり単なる腹痛だ!と思い込む。
20:00
ただの腹痛だと思ってたのに、なんとなく10〜15分間隔で痛みがやってくるように。でも陣痛だという確信はなく、相変わらずトイレに行くこと多々。
21:00
相棒が帰宅。腹痛があることを伝える。この時点でも陣痛だとは思わない私だったり・・・。でも内心もしかしたら!?と疑ってもみたり・・・。
21:30
腹痛のおこる間隔を計りはじめる。10分間隔に近い・・・。うーん、陣痛っぽいなぁ。この頃くらいから入院仕度のチェックをしたり、娘を義母に預ける為のお世話用品のチェックをやり始める。
22:00
とりあえず準備ができたので、病院へ電話を入れてみることに。10分感覚だと伝えると「入院の用意をして来院してください」とのこと。戸締りやら、家の雑用を済ませて病院へ。
22:30
内診の結果、子宮口が5〜6cm開いてるとのこと。おおおお!夕方からの腹痛は陣痛だったのね!それから娘の時は入院の時点で3cmだったのに、こりゃ27時頃には産れるかな!?なんて思う私。
23:00
病院まで義父、義母が来てくれて娘とはお別れ。外で娘の鳴き声が響く。退院したら思いっきり甘えさせてあげよう・・・と思ってみたり。それから今回相棒には最初から立会ってもらうことに。陣痛は相変わらず10分間隔。至ってへっちゃら。
23:30
陣痛の痛みが増してくるものの、まだ下腹部の痛みのみ。相棒、実母と共にTVを見ながら談話。
24:00
このくらいから陣痛の痛みが骨盤に。実母&相棒にさすってもらう。陣痛の間隔は10分切るくらい。
24:30
娘の時のように陣痛の度、鼻から息を吸って口から吐く。陣痛5分間隔。結構キツくなってきた。でもまだ助産師さんを呼ぶには早いだろう・・・と痛みに耐えるのみ。
25:00
このころから陣痛が終ったと思ったら、すぐに陣痛が来たりして不規則な短い間隔の陣痛になる。痛みのピークが結構辛い。変に体に力が入ってしんどい。
25:30
もう、キツすぎぃ!ナースコール。助産師さんやってくる。一度陣痛を見送ってからトイレにも行くことに。けれどベットから立ち上がって部屋を出た途端にまた陣痛の波が。歩けません・・・。立ち止まって耐える。「辛い所ごめんね、やっぱり内診してからお手洗い行こう」と助産師さん。で、内診してもらうと子宮口9cmとのこと。助産師さん曰く「お手洗い行かなくて正解だったわー。尿は管で取ってあげるから。その方がいいわー」とのこと。ええええ!管入れるの嫌だなー・・・。痛いと聞いたことあるんだけれどぉ。とかなんとか思ってたりしてるまに陣痛やってくる。助産師さんが「もう、キバれそうやねぇ。もうキバろうか?その方が楽やろ?」と聞かれ「はい」と答える。LDRの部屋だったのでベットから分娩台に。とか思ってる間に管入れられ尿を取ってくれた。あれ?痛くないやん。この頃は陣痛が辛く息み逃しをしたくても力が入ってしまう・・・。嗚呼、キバりたーい!助産師さん1人が足元へ。もう1人が横に。微妙に赤ちゃんがしんどくなってるからと呼吸指導を受けながら息む。子宮口10cmの全開に。そして息む。破水しないので助産師さんが破水させてくれる。その間に院長先生登場。そして息む。何度目の息みか覚えがないんだけれど、頭が出てきたのがわかる。そしてもう一度息む。5月9日(水曜日)2時15分、2996gの息子の誕生です。


追記:今回はおしもの切開がありませんでした。そして小さいながらに亀裂が発生。溶ける糸で縫われることに。娘の時は院長先生じゃなかったんだけれど麻酔や、縫合の時の痛みは無く、そして院長先生の今回も痛みはありませんでしたっ。
嗚呼それにしても子供3人欲しかったけれど体力的にも年齢的にも、もういっぱいいっぱいです(笑)
というわけで4人家族になりました。
自分、ォッ沸(o′ェ`o)′ェ`o)ノシ━ィ!!!
妊娠中の出来事(出産ドキュメント) - - - -
スポンサーサイト
- - - - -
PROFILE
Powered by SHINOBI.JP
COMMENT
ENTRIES
CATEGORY
LINK & FRIEND
ARCHIVES
メロメロパーク