KU*RA*SU



2017 08 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
出産話 (ふたりめ)
5月8日 18:00
この日、朝から体調が悪く昼過ぎまでベットで過ごす。夕方から腹痛でトイレに行くこと多々。うーん・・・昨夜下剤を飲んだからかなぁ・・・と思ってみたり。


19:00
腹痛にしては頻繁すぎるな・・・と思うものの、娘の時とは違う痛みだし、やっぱり単なる腹痛だ!と思い込む。
20:00
ただの腹痛だと思ってたのに、なんとなく10〜15分間隔で痛みがやってくるように。でも陣痛だという確信はなく、相変わらずトイレに行くこと多々。
21:00
相棒が帰宅。腹痛があることを伝える。この時点でも陣痛だとは思わない私だったり・・・。でも内心もしかしたら!?と疑ってもみたり・・・。
21:30
腹痛のおこる間隔を計りはじめる。10分間隔に近い・・・。うーん、陣痛っぽいなぁ。この頃くらいから入院仕度のチェックをしたり、娘を義母に預ける為のお世話用品のチェックをやり始める。
22:00
とりあえず準備ができたので、病院へ電話を入れてみることに。10分感覚だと伝えると「入院の用意をして来院してください」とのこと。戸締りやら、家の雑用を済ませて病院へ。
22:30
内診の結果、子宮口が5〜6cm開いてるとのこと。おおおお!夕方からの腹痛は陣痛だったのね!それから娘の時は入院の時点で3cmだったのに、こりゃ27時頃には産れるかな!?なんて思う私。
23:00
病院まで義父、義母が来てくれて娘とはお別れ。外で娘の鳴き声が響く。退院したら思いっきり甘えさせてあげよう・・・と思ってみたり。それから今回相棒には最初から立会ってもらうことに。陣痛は相変わらず10分間隔。至ってへっちゃら。
23:30
陣痛の痛みが増してくるものの、まだ下腹部の痛みのみ。相棒、実母と共にTVを見ながら談話。
24:00
このくらいから陣痛の痛みが骨盤に。実母&相棒にさすってもらう。陣痛の間隔は10分切るくらい。
24:30
娘の時のように陣痛の度、鼻から息を吸って口から吐く。陣痛5分間隔。結構キツくなってきた。でもまだ助産師さんを呼ぶには早いだろう・・・と痛みに耐えるのみ。
25:00
このころから陣痛が終ったと思ったら、すぐに陣痛が来たりして不規則な短い間隔の陣痛になる。痛みのピークが結構辛い。変に体に力が入ってしんどい。
25:30
もう、キツすぎぃ!ナースコール。助産師さんやってくる。一度陣痛を見送ってからトイレにも行くことに。けれどベットから立ち上がって部屋を出た途端にまた陣痛の波が。歩けません・・・。立ち止まって耐える。「辛い所ごめんね、やっぱり内診してからお手洗い行こう」と助産師さん。で、内診してもらうと子宮口9cmとのこと。助産師さん曰く「お手洗い行かなくて正解だったわー。尿は管で取ってあげるから。その方がいいわー」とのこと。ええええ!管入れるの嫌だなー・・・。痛いと聞いたことあるんだけれどぉ。とかなんとか思ってたりしてるまに陣痛やってくる。助産師さんが「もう、キバれそうやねぇ。もうキバろうか?その方が楽やろ?」と聞かれ「はい」と答える。LDRの部屋だったのでベットから分娩台に。とか思ってる間に管入れられ尿を取ってくれた。あれ?痛くないやん。この頃は陣痛が辛く息み逃しをしたくても力が入ってしまう・・・。嗚呼、キバりたーい!助産師さん1人が足元へ。もう1人が横に。微妙に赤ちゃんがしんどくなってるからと呼吸指導を受けながら息む。子宮口10cmの全開に。そして息む。破水しないので助産師さんが破水させてくれる。その間に院長先生登場。そして息む。何度目の息みか覚えがないんだけれど、頭が出てきたのがわかる。そしてもう一度息む。5月9日(水曜日)2時15分、2996gの息子の誕生です。


追記:今回はおしもの切開がありませんでした。そして小さいながらに亀裂が発生。溶ける糸で縫われることに。娘の時は院長先生じゃなかったんだけれど麻酔や、縫合の時の痛みは無く、そして院長先生の今回も痛みはありませんでしたっ。
嗚呼それにしても子供3人欲しかったけれど体力的にも年齢的にも、もういっぱいいっぱいです(笑)
というわけで4人家族になりました。
自分、ォッ沸(o′ェ`o)′ェ`o)ノシ━ィ!!!
妊娠中の出来事(出産ドキュメント) - - - -
出産ドキュメント
2月5日18:00
この数日、夜中の就寝中に限って幾度か目が覚めちゃうくらいの腹痛があったわけだけども今日に限って昼間から同じような腹痛がちょこちょこある。「陣痛?いやぁ〜そんなことありえないっしょ・・・さほど痛くないし」なんてそのときは思って家の中でバタバタ動いてたわけでして・・・でもあまりにも回数が多すぎだな・・・と思って時間を計り始めたのが夕方の18時くらいから。この時丁度ヤプログ巡りしてたんですよ、でねPCのメモ帳開いて腹痛があったら書き込む・・・という作業してたらなんか10分間隔ぽくて「あれぇ〜?陣痛なのかぁ?」なんて思いながらも「まさかなぁ〜ぶはははははは♪」と、まだ暢気にPCいじってましたぁ。

20:00
18時から1時間経っても腹痛は相変わらず10分間隔。その頃には「ぉ?もうそろそろ腹痛くるな・・・ぉぉぉ・・・やっぱきたきた!」ってな感じでまだまだ暢気なmaroでした。20時過ぎから5分間隔に近くなってきて、だんだん陣痛なのかも!?(いや・・・そんなことありえない・・・)なんてことも思い始めたのでありました。とにかく後1時間くらいで相棒も仕事から帰ってくるので夕飯の支度しなきゃ・・・なんてことも思いながらキッチンへ行ったり来たり・・・この頃は痛みに動き鈍る時もあるけれどもまだまだ余裕で動きまくってました。それから実家にも電話して「なんか今までとは痛さが違うのと、夕方から10分間隔だったのがなんだか時間が短くなってきてるっぽいから今日もしかしたら・・・だけども、心の準備だけはしててくださいな♪とにかく・・・もしかしたらやで?」と念を押して言っておいた。妹からも電話が丁度あったので同じことを伝えて「もしかしたら車出してもらって母を連れてきてもらうかもしれないけどもよろしくね」とお願いしておいた

21:00
相棒が帰ってくるちょっと前から痛みの感覚が確実に短くなってきてて、痛みで動きが止まるくらいになった。でもまだまだ余裕で耐えれる痛さ。ほんの30秒ほど我慢すれば普通に動けるしね。そんな中、かぼちゃのふくめ煮が食べたくなって煮込み始めたmaroだったり・・・(笑)

21:30
相棒が帰ってきた。もしかしたら今日病院へ一度行かないといけないかもしれないことを伝える。でもいまだにこの腹痛が陣痛とは思えなくて半信半疑だったり・・・。けれど確実に5分間隔でくる腹痛でもあり・・・ここでやっと病院へ問い合わせてみることにした。

maro「陣痛かどうかわからないんですけど腹痛が今日の18時から10分間隔で、20時ごろからはなんだか間隔が短くなってきてるっぽいんですが診てもらった方がいいですか?でも余裕なんですよねぇ〜・・・あはは・・・」
病院側
「痛みはどのくらい続きますか?」
maro
「30秒くらいですかね?でも余裕なんですよ(´Д`|||)それでも診てもらった方がいいですか?それとももうちょっと様子みた方がぁ???」
病院側
「声聞いても元気そうだもんねぇ(笑)でも一応NSTで1度張りをみてみましょうか。何時ごろこちらに来れますか?」
こんなやり取りをして30分後に病院へ行くことにした
それまでの間に「今日まだお風呂入ってないからおしもだけでも洗っておこうかな」とお風呂に入った。その後、一応入院バックの中身確認をして相棒に「たぶんNSTの後に家に戻ってくるだろうから入院バック持って行かなくていっか〜?」と言うとどうせ車なんだし持って行っておいて必要なら下ろしたらいいやんとの返答にそうすることにした。相変わらず痛みは5分くらいでやってきてmaroの動き止まるけど余裕は余裕なんだよねぇ・・・なんて思いながら時間になったから家を出た。

22:00
5分で病院に到着。夜間窓口のインターホーンを鳴らすとすぐに看護婦さんが来てくれましたぁ。2Fへ連れていかれることになってエレベーターに乗ったら看護婦さんがmaroの顔をじぃーっと見るんですよ・・・だから思わず(゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚) アハハ 〜♪なん笑っていたmaro・・・。「ぜんぜん余裕っぽいねぇ〜本格的な陣痛きたら笑ってられないからねぇ〜」なんて言われる始末・・・__| ̄|○ ぁぁん。LDRの部屋に通されNSTを付け・・・そのあと内診・・・。内診の際は相棒部屋から追い出される(ノ∀`*)クスクス「3cm子宮口が開いてますよっ、このまま入院しましょうか」
ヽ(゚Д゚;)ノぇ?ってことはこの痛みは陣痛なのかいな!と・・・ここではじめて陣痛だと認識したmaroでした。5分間隔だそうです。そして「旦那さんには立ち会ってもらうの?」なんて聞かれて、正直何も決めてなかったのと相棒は以前から出産現場なんて見たら後々アレが立たなくなるかもっ・・・なんて言ってましてね(笑)でも立ってもらう場所はmaroの頭の方だからアソコは見えないんだよ?なんて話を以前してたら「じゃー立ち会ってもいいかなぁ〜maroにまかせるよっ」なんて返事だったのを思い出したわけで・・・(笑)助産婦さんに立会いの件はまた後での返事でもいいですか?と聞くとオッケーだったので返事は後にした。相棒と2人きりになった時「立会いどうする?」って聞いてみたけどやっぱり「まかせるよ」だったので「わかった〜」って返事をして、いざって時に決めようと思った(笑)私が苦しんでる姿をあんまり見せたくなかったのが正直な所なんだよねぇ〜o(-_-;*) だから赤ちゃんが出てくる寸前まではどちらにせよ、立ち会ってもらう気は無かったのであります。

22:30
実家と妹に電話をして入院になったことを伝える。どうせすぐ出産じゃないし家の用事済ませてお風呂入ってからゆっくりおいで〜運転気をつけてなぁ〜。なんて相手を気遣う余裕っぷり。心の中で「3cm開いてるのか・・・陣痛ってこんなもんかぁ〜全然平気じゃん♪」なんて、この後にやってくる比べ物にならない痛みを知らないおバカなmaroでした。

23:00
相棒には「まだまだ産まれないし、家に帰っとき〜」と一時帰させることにした。
助産婦さんには体力いるから少しでも寝ておけば?なんて言われて素直に寝ることに。5分毎の痛みで起きたりして熟睡は出来なかったけどそれなりに寝れたみたいですぅ
(I。(- ェ -。(I。(- ェ -。ウンウン

1:00
母、妹がやってきた。「まいどぉ〜♪入院だってさぁ〜」なんて普通に会話してて、妹も「いよいよかっ!」ってな感じでなんだか興奮気味?(笑)母には「腰さすってあげようか?」なんて言われたけれども逆に触られると気が散って自分なりの痛み逃しが出来なくなるから断った。その痛み逃しっていうのは別にたいしたことないもので、痛みピーク時に鼻から吸って口から吐く深呼吸をして身体の力を抜くものです。そんなmaroはまだ余裕でつ+.゚(*´∀`)b゚+.゚

2:00
o(-_-;*) ウゥム…なんだか痛みの間隔が短くなってきた気がする・・・しかもキツくもなってきた模様。どうしてもピーク時に力が入ってしまう・・・。一回母に腰さすってもらおうかな?なんて思ったのはこの時くらいからでした。いざさすってもらうと結構良かったので陣痛が来るたびに「きた〜!」と言って母を呼ぶmaroでした(笑)この後から徐々に陣痛の痛みのピークが耐えがたいものへと変化しつつあったけど、まだなんとか会話できる余裕はあった気がしますぅ。
続きを読む >>
妊娠中の出来事(出産ドキュメント) - comments(0) - trackbacks(0)
 1/1PAGES 
PROFILE
Powered by SHINOBI.JP
COMMENT
ENTRIES
CATEGORY
LINK & FRIEND
ARCHIVES
メロメロパーク